早めに駆除する

金属の柵

コウモリは基本的に無害な生き物です。夜行性なので、カラスのようにゴミ置き場のゴミを漁ることもありません。しかし、ある時を境にコウモリは害獣と化します。それは人家や公共施設に入り込んだ時です。排泄物による汚染や悪臭が主な害となります。そういう場合はコウモリ駆除を依頼するのがいいでしょう。コウモリ駆除に専門家なんているのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在コウモリによる害に悩む方は増す一方で、それに応じてコウモリ駆除の業者も増えています。おそらく、これからも増えていくことでしょう。ですが、駆除といっても殺すわけではなく、追い出して戻ってこれないように隙間を塞ぐというやり方なので安心してください。

さて、家に住みついてしまったコウモリはプロに依頼して駆除してもらうのが一番ですが、今回はたまたま室内に入り込んでしまったコウモリの駆除方法について説明したいと思います。コウモリを殺すことは法律で禁止されています。ゆえに、追い払うという方法をとらなければなりません。そして、捕まえて逃がすという方法を取る際は注意が必要です。コウモリはウイルスを持っている可能性があるからです。よって素手で触るのは危険です。おすすめなのは、スプレー式の忌避剤です。触れることなくコウモリ駆除ができます。しかし、窓を開けていたわけでもないのにコウモリが侵入した場合は、どこかに穴が開いている可能性があります。きちんと原因を突き止めることが大切です。